体外受精の成功率を上げる食事、2つのコツ!|理系ママが成分で比較したおすすめ葉酸サプリランキング

体外受精の成功率を上げるには?

体外受精の採卵待ちや移植後など、
「成功率を上げるために何かできることはないのかな」
と思いますよね。
調べると、冷えを取って温めるとか、睡眠を取るとか、リラックスとか書いてあるけど、もうやっていることばかりだったり。
でも実は、「体外受精の成功率を上げる食事」は、科学的な事実としてわかっているんです。

理系ママ

この記事では、体外受精の成功率を上げるためにできることを、食事や栄養面から見ていきます。

 

体外受精の成功率を上げる食事

アメリカ産婦人科学会(ACOG)の調査結果があります。

 

妊娠率を上げる食事 ACOGの調査結果まとめ

 

炭水化物(糖質)が少なく、タンパク質が多い食事をしていたグループの方が、受精卵が胚盤胞まで育つ確率が1.4倍、移植して妊娠成功する確率は2.1倍も高かったという調査結果です。

 

臨床ニュース「体外受精と食事の関係を検証」(日本語)
元の論文「高タンパク・低糖質の食事が体外受精の成功率を上げる」(英文)

 

体外受精の成功率を上げるためのポイントその1

低糖質・高タンパクな食事にしましょう。

 

そのためにどんな食事がいいか見てみますね。

 

妊娠率を上げるために、どんな食事にしたらいい?

高タンパクの食事
タンパク質

毎食1品以上は、タンパク質を取りましょう。
魚、肉、乳製品、卵、豆製品、ナッツなど。
間食も、炭水化物のスナックなどは減らし、豆乳やナッツ、チーズ、乳製品などの間食にするといいですよ。
DHA・EPAの多い青魚
特に、青魚はDHAやEPAが入っていて、血液サラサラ効果があります。
胎盤に血栓ができて流産という事態の予防にもなりますし、赤ちゃんの脳神経にもいい影響があります。
積極的に摂っていきたいですね。

 

また、タンパク質を吸収しやすくするビタミン・ミネラル類も取っておきたいところです。
野菜や海藻の入ったメニューも一品食べるようにしましょう。

 

低糖質(低炭水化物)の食事

炭水化物や砂糖などを取りすぎないこと。
心掛けるのはそれだけです。

 

やめた方がいいのは、

  • 「うどんだけ」「蕎麦だけ」など、麺類だけの食事
  • 「丼もの一品だけ」など、ご飯が多めになる食事
  • スナック菓子など、炭水化物が多い間食

 

です。
これらは、炭水化物が多くなりがち。
逆に、炭水化物を少なくできるのは

  • 定食など、おかずの種類が多い食事
  • 豆乳やナッツ、チーズ、乳製品を取り入れた間食

 

です。
炭水化物
ご飯は少な目でいいのですが、ひとつ注意した方がいいのは、「炭水化物を減らすだけ」だと体が弱ってしまうこと。
これまで炭水化物多めの食生活をしていた人は、炭水化物を減らすだけだと急激なカロリー不足に陥ってしまいます。
目的はダイエットではなく妊娠しやすくなること。
炭水化物を減らしたら、その分必ずタンパク質を足しましょう。
魚や肉の他に、豆腐や卵、ヨーグルトは一品足しやすくて便利ですよ。

理系ママ

さて、高タンパク・低糖質の食事のほかに、取るようにした方がいい栄養素があります。

 

体外受精の成功率を上げるのに必要な栄養素

採卵前|卵胞を成熟させる葉酸と協力ビタミン

採卵前は、よい卵子をたくさん作っておきたいですよね。
葉酸と葉酸に協力するビタミンB6・B12・Cは、卵胞を成熟させる働きがあります。

 

「葉酸摂取がヒトの卵胞に与える影響について」(University Medical Center、オランダ)英文

葉酸と協力ビタミン

血液の中の有害な「ホモシステイン」を、葉酸とビタミン類が協力して、別の無害な物質に変えてくれます。
そうすると、卵胞が成熟しやすくなるんです。

 

いい卵子を作るために、是非とも取っておきたい栄養素です。

 

移植前〜妊娠確定まで|着床しやすくする栄養素

ビタミンE

子宮内膜が薄くても、着床しやすく、妊娠しやすくなるという研究があります。

受精着床学会の発表資料(中ほど)

 

アルギニン

アルギニンを取ったグループの方が、血流がよくなって着床・妊娠率が上がったという研究結果があります。

Adjuvant L-arginine treatment for in-vitro fertilization in poor responder patients.(イタリアの研究・英文)

 

貧血では、血流はよくなりにくいですよね。
血流をよくするため、貧血防止のために、鉄分も取っておきましょう。
子宮内膜を充実させるためにも必要です。

 

移植前〜妊娠確定まで|流産のリスクを下げる葉酸と協力ビタミン

採卵前も必要だった葉酸。
「ホモシステインを別の無害な物質に変えてくれる」んでしたよね。
このホモシステイン、実は流早産のリスクにも関わってくる物質。

葉酸が流早産のリスクを下げる

葉酸と協力ビタミン類を取ってホモシステインの濃度を下げることで、流早産のリスクを下げられます。
妊娠までもですが、妊娠継続のためにもぜひ取っておきたい栄養素です。

 

体外受精の成功率を上げるために取っておきたい葉酸サプリ

これまでに上げた

  • 葉酸+協力ビタミン
  • ビタミンE
  • アルギニン

 

が入った葉酸サプリを取るようにしておくと、ストレスなく必要な栄養素を補給できるのでおすすめです。
もちろん、赤ちゃんの障害リスクを下げるためにも、葉酸サプリは飲んでおいてくださいね。

 

体外受精の成功率を上げるためのポイントその2

成功率を上げる栄養素が入った葉酸サプリを飲みましょう。

 

これらの栄養素が入った葉酸サプリは、こちらのランキングで特集しているので見てみてください。↓

 

妊活葉酸サプリランキング

 

体外受精の成功率を上げる食事・栄養2つのコツまとめ

体外受精の成功率を上げる食事

低糖質・高タンパクの食事を摂る
葉酸、協力ビタミン、ビタミンE、アルギニン、鉄が入った葉酸サプリを摂る

 

できるところから、少しずつ積み重ねていきましょうね。

 

必要な栄養素の入った葉酸サプリはこちらで特集しています。↓

 

妊活葉酸サプリランキング



葉酸サプリをどう選べばいいか迷っているあなたへ、理系ママのヨーコが ・成分・安全性を徹底分析 ・実際に飲んでママの立場からレポ して、後悔しないサプリ選びのお手伝いをします!


このエントリーをはてなブックマークに追加