葉酸サプリの効果|理系ママが成分で比較したおすすめ葉酸サプリランキング

葉酸は妊活に効果あるの?不妊には?流産防止には?

 

葉酸って、妊活に効果あるの?
不妊治療中だけど、不妊には何か効果あるの?


 

卵胞を成熟させるという研究結果があります。


葉酸と卵胞の成熟

参考(英文):「葉酸摂取がヒトの卵胞に与える影響について」(University Medical Center、オランダ)

卵胞を成熟させる葉酸
ホモシステインというアミノ酸の一種が血液中で濃くなりすぎることがあります。
葉酸+ビタミンB6+ビタミンB12は、協力してこのホモシステインの濃度を下げます。
ホモシステインの濃度がちょうどよくなると、卵胞が成熟して排卵が起きやすい、という研究結果です。

 

排卵が起きにくい人、不規則な人には、効果があるといえます。

 

 

流早産を減らす

ホモシステインの濃度を下げる

上で見た通り、葉酸+ビタミンB6+ビタミンB12が、ホモシステインの濃度を下げます。
このホモシステイン、実は流早産にも関係しているんです。

 

参考:アメリカ臨床栄養ジャーナル「葉酸が妊娠結果に及ぼす影響」

 

【要約】
妊娠中の血液中の葉酸が低濃度だと、早産、幼児低出生体重、胎児発育遅延のリスクが増加する。

 

不育症の方、以前流早産を経験した方、切迫流早産になる率が高い高齢出産の方は、ぜひ積極的に摂りたいですね。

 

初期流産を減らす

また、葉酸の摂取量の多い男性は、少ない男性に比べて、精子に染色体異常がある確率が20〜30%低くなる、という研究結果があります。

参考:HealthDay News「葉酸摂取量が低いと精子を損なう可能性あり」(カリフォルニア、バークレー校の研究)

障害リスクを減らす葉酸
初期流産は全妊娠の15%で起きますよね。
その理由はほぼ「染色体異常」です。
育つことができない受精卵だった、ということ。
染色体異常には、精子が原因の場合も、卵子が原因の場合も、両方がモザイク状に組み合わさった場合もあります。

 

妊活中にパートナーと一緒に葉酸を取ることで、精子が原因となる染色体異常を減らせます。
染色体異常を減らせれば、結果的に、初期流産が減るということ。
これはぜひ取っておきたいですね。
(→葉酸は男性にも効果あり?参照)

 

神経管閉鎖障害のリスクを減らす

障害リスクを減らす葉酸
また、妊活への効果とは違いますが、妊活期間から取っておくことで、赤ちゃんの
「神経管閉鎖障害」(二分脊椎や無脳症など)のリスクを70%以上も減らすことができます。

 

マカと葉酸

マカってどうなの?葉酸サプリと比べて効果は?
マカは妊活に有名ですが、科学的にどう効くのかはわかっていないため、民間療法の領域です。
そして、人によって合う合わないがあるようです。
かえって基礎体温が崩れたという口コミもあります。
基礎体温が崩れるのは怖いですから、当サイトでは、まずマカの入っていない葉酸サプリを使って妊活してみることをおすすめしています。
(→マカと葉酸、一緒に飲んでいいの?参照)

葉酸は妊活中いつから取ればいいの?

妊活に効果的な成分の入った葉酸サプリ

 

厚生労働省は、「妊娠の1か月以上前から取るのが望ましい」としています。
でも、いつ妊娠するかなんてわかりませんよね。
ですから、妊活を始めたら飲んでおきましょう。

 

理系ママ

妊活にいい成分が入っている葉酸サプリは、ランキングで紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

 

妊活葉酸サプリランキング



葉酸サプリをどう選べばいいか迷っているあなたへ、理系ママのヨーコが ・成分・安全性を徹底分析 ・実際に飲んでママの立場からレポ して、後悔しないサプリ選びのお手伝いをします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

葉酸は男性にも効果あり?
妊活に必須の葉酸。男性にも効果はあるのでしょうか?どんな効果でしょうか?何故、男性も葉酸を取るのがいいと言われているのでしょうか?葉酸サプリを夫婦で飲むのにおすすめの成分はどんなものでしょう。成分面から、男性にもいい葉酸サプリを探ります。
葉酸不足で胎児と妊婦にどんな症状が出る?葉酸不足の原因は?
葉酸不足で胎児や妊婦にはどんな症状が出るのでしょう。葉酸不足で起きる障害や、葉酸不足の原因、貧血や早産を防ぐ効果など、詳しく見ていきます。
切迫流産・切迫早産|無事に産むためにできること
切迫流産、切迫早産と言われたら、安静と張り止めを飲む以外、何かできることはないの?実は、葉酸を取っていると流早産のリスクが下がるという研究があります。でも、葉酸を飲むなら他にも注意したいポイントがあるんです。ここでは、切迫と言われた時に安静にしながらできる対策についてご紹介します。
葉酸サプリでつわりが楽になる?
葉酸サプリは、赤ちゃんの障害リスクを下げるだけでなく、つわりの軽減にも効果があります。コツは、あるビタミン類が入っている葉酸サプリを選ぶこと。ここでは、「葉酸サプリでつわりが楽になる」という説の真偽と、つわりを楽にするにはどんな葉酸サプリを選べばいいかを解説しています。
マタニティブルー対策、栄養面でできることってある?
誰でもなることがあるマタニティブルー。気分転換や人に話を聞いてもらう以外に、何かできることはあるでしょうか。この記事では、「セロトニンを出す」ことによるマタニティブルー対策を解説します。
妊娠中のDHAは胎児の発達に効果あり!
DHAがいいとは聞くけど、妊娠中はつわりだったり、グリルを洗う時のニオイが辛かったりで、なかなか魚を食べられませんでした。魚に蓄積されてるという水銀も怖いので、どのくらい食べたらいいかわからずにいました。でも、DHAはうまく摂れば赤ちゃんに大きな力になってくれるんです。ここでは、妊娠中のDHAの効果と、どうやってDHAを摂ればいいか量や時期、方法について紹介していきます。
妊活中の食事、妊娠力を上げるために注意したいこと
妊娠しない月が続くと、凹んでしまいますよね。でも、食事で妊娠率を上げられるって知っていましたか?ここでは、妊娠力を上げるためにどんな食事を摂ればいいか、何に注意すればいいか、妊活中の食事についてわかりやすく解説します。
黄体機能不全を食べ物で改善・予防!これだけは取りたい栄養素
黄体機能不全には、どんな食べ物がいいんでしょうか。改善や予防のために取らない方がいい食べ物、これだけは取りたい栄養素を紹介しています。
子宮内膜が薄い場合、食べ物で対策できる?
不妊治療中、子宮内膜が薄いと言われることがあります。また、そうでなくても加齢などで薄くなることも。子宮内膜が薄いのを改善するためには、どんな対策があるのでしょうか。食べ物などで対策できるかどうか、詳しく解説します。
体外受精の胚移植までに自分でできることリスト
体外受精の胚移植までにできることをしたいと思っても、単なる俗説みたいなのも多くて、どれが本当に効果のある方法なのかわからないですよね。何をどうすれば少しでも着床しやすくなるのか、迷ってしまったりします。でも、科学的にわかっている、着床率を上げる方法は複数あるんです。ここでは、体外受精の移植までにできることをご紹介します。
不育症改善に向けた食事|血栓予防におすすめの食べ物
不育症改善に向けた食事や栄養を紹介しています。不育症の方におすすめの、血栓を作りにくい食事や、寝る前と朝に気を付けたい生活習慣の特集。
不育症の葉酸サプリ選び、絶対気をつけたいポイント
妊活中に絶対飲む葉酸サプリ。不育症の場合は、どんなポイントに気をつけて選んだらいいのでしょう?不育症の葉酸サプリ選びで、絶対に外せないポイントを特集しています。
体外受精の成功率を上げる食事2つのコツ!
体外受精の成功率を上げたいけど、どうすれば?と悩んでいました。でも実は、「体外受精の成功率を上げる食事」は、科学的な事実としてわかっているんです。ここでは、採卵前後や胚移植前後など時期別に、食事や栄養面から体外受精成功の秘訣を見ていきます。絶対守りたい2つのコツとは?
葉酸の多い食材
葉酸の多い食材には、どんなものがあるのでしょうか。葉酸サプリの他に、食事からも葉酸を取ることが推奨されています。葉酸が多くて、つわり中でも食べやすい食材は?など、葉酸の多い食材について特集していきます。|理系ママが持ち前のこだわりで、葉酸サプリの成分や添加物などを比較して作ったランキング。ママ視点と科学的視点の両方から、おすすめの葉酸サプリをガイドします。